うつ病ってどんな病気なの!?

今の時代誰にでもなりうる病気

あなたはうつ病を知っていますか?うつ病とは現代病とも言われており、様々な欲求や意欲の低下、時には睡眠不足によりなかなか寝付かなくなり日常生活に支障をもたらす場合があります。大変苦しい状況が何週間、何ヶ月と長い時で10年以上も続くことがあります。誰にでもなりうる病気なのでそれに気づくかどうかもわからないことがあるようです。 ただの憂鬱だといいのですが憂鬱とはまた別物で、うつ病により長い期間部屋にこもり社会との交流を避け、人とのコミュニケーションを取ることが難しくなります。心だけではなく体にも影響を与えてしまい胃腸の調子やストレスにより偏頭痛、大腸炎などにかかる場合もあります。心の影響では不安症や不眠症、自分の趣味や好きなことに取り組めなくなる、などなど。

うつ病による接し方や理解

うつ病は誤解されがちです。よく、普通の人がうつ病患者に対して元気づけようとその人のためと思って元気の出るポジティブな言葉をかけてあげることが多いのですが、それは逆効果であり、かえって症状を悪化させることになってしまいます。 うつ病は軽度から重度とありますが、重度の場合は人とのコミュニケーションが取れなくなったり仕事に行けなくなったり明らかに普通の日常生活がおくれなくなります。 うつ病の原因については、その人の大切な人、家族、お金、トラブルなどで引きおこすことが多く、いつ襲って来るのか本人にもなかなかわかりません。そして、完璧主義者や真面目な人もなりやすいです。 もし自分がうつ病かもしれないと思うのならきちんと病院に行ったほうが対処は早くなることでしょう。